私と家族の物語

自分史活用アドバイザーが描く家族史プロジェクト

生まれてきてくれてありがとう

 

 100人と書く「一枚の自分史」プロジェクト 

 

f:id:teinei-life:20201013173927j:plain

2015年6月20日、63歳

この頃は、大学生への就職支援が仕事の中心になっていました。
リーマンショック以前の高水準に戻している状況の中で仕事もしやすく
ラグビーワールドカップでの五郎丸のポーズが話題になったりと
社会全体がテンションの上がって比較的明るい状況にありました。

そんな日々、孫っ子は4歳を迎えました。
誕生日の前日にはユニバーサルスタジオに.


たくさんのスタッフさんからお祝いされて
楽しい一日を過ごしました。

その次の日は誕生日、びっくり発言がありました。
「メイは4歳になって、やっと人間になったわ」
おもしろ過ぎます。

そして 、この日
胎内記憶を話し始めたのです。

急にお母さんに向かって
「メイはずっとずっとお母さんとパパを待ってたんやで
 なかなか来てくれなかったから
 ずっとエーンて泣いていたんやで〜
 で、気いついたら、あーちゃんのとこで寝てたねん」
(あーちゃんとは私のことで、里帰り出産したのです)
と、話し出して泣き出したのです。 

「エッ!何で?どうしたん」
とうろたえる娘…

もしやと思った私・・・聞いてみました。

 「どこで待ってたの?」

 そうしたら、なんと!こう答えたのです・・・。

「お母さんのお腹の中で・・・」

「そうなんや・・・、お母さんのお腹の中で産んでくれるのを待ってたんやね?」

「うん!あーちゃんのお腹にも行ったんやで~」

えっ!ということは…

あの時のもしかしたら、お空に帰ってしまった赤ちゃんなの?

「でも、メイちゃんはすぐにお空に帰ったよね・・・」

 「違うよ!お母さんのお腹に行ったんやで・・・。」

えっ!そんなこと?
でも思い当たる節はあったのです。
私は長男と長女の間に二人を流産しています。
長女を身籠ったとき、不思議な夢を見ていました。
それは女の子の赤ちゃんを産む夢でした。
その赤ちゃんが、生まれてすぐ苦しみ出して
女の子の赤ちゃんを産む夢でした。
あの時の赤ちゃんが娘で
その赤ちゃんが生んだ赤ちゃんがメイだったということ?

その時からなら、メイはずいぶんと長い間
お腹の中で待っていたことになる・・・。
そりゃあ、長かったね・・・。
エーンてずっと泣いていたよね。

そのあとは三人で大号泣。

しばらくして不思議な話はしないようになりました。
聴いてもはぐらかすようになって答えようとしません。
自分からも話しません。

体内記憶を話す子どもたちがいることを
完全に信じているわけではありません。
でも、頭から否定することもできません。
4歳の子が作り話をしたのかもしれません。
それにしてもできた話です。 

私が生んであげることができなかった
赤ちゃんのことは、心に瘡蓋になって残っていました。 

どうしても生まれてきたかった命だったから、なおさら愛おしい。

あの子が話した胎内記憶に
私が一番救われているのかもしれません。

生まれてきてくれてありがとう。
いっぱい笑わしてくれてありがとう。
一緒に旅をしてくれてありがとう。
応援させてくれてありがとう。 

まだまだあるけれど
元気に育ってくれていることにありがとう。

そして、娘たちへ
メイを生んで育ててくれてありがとう。

9歳になった今
一緒にできることがたくさん増えたことが嬉しい。

どれだけやれるか、一緒の時を楽しみますね。

 関連の写真: