私と家族の物語

自分史活用アドバイザーが描く家族史プロジェクト

2020-09-18から1日間の記事一覧

過疎の郷・・・「最後まで守しはったんやね・・・」

100人と書く「一枚の自分史」 2018年12月 福井県勝山市、恐竜博物館のすぐ下にある母の里への悲しい訪問でした。その年の2月の福井の豪雪で88歳の叔母が命を落としました。雪が着く前にと3ヶ月も早くに一周忌の法事が営まれました。 父の里は、母の里からま…